読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぶん週刊「今週の進捗」

1週間に勉強したことや実装したことをネタに、週に1回(主に土日に)更新していく予定です。「多分」なので、臨時休刊があってもご海容ください。

まとまった知識の必要性

プログラミングの勉強について、最近気づいたことがあったので書いてみる。

私はこれまで新しい言語を習得しようと思ったとき、既に書いたプログラムを新しい言語で書く方法を取ることが多かったと思う。

とりあえず何か書くことで、0から1にしたいときにはこの手段は有効(な気がする)が、
それだけだと元の言語で書いてきた頃の癖のまま書いてしまって、新しい言語の習得者ならば、当然身についているべき知識がついてないこともままある。
(例えば、C++で引数付きコンストラクタを持つクラスの配列を初期化する方法を知らなかったりとか)

当然元の言語の知識だけだと行き詰まることはあるので、その都度調べたりはするのだけど、それだと断片的ではあっても体系的な知識にはならない(ような気がする。少なくとも自分の場合は)。

なので、やはり技術書を読むなりなんなりして、まとまった知識を得ておいた方がいいのかな、というか必須かなと思う。