読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぶん週刊「今週の進捗」

1週間に勉強したことや実装したことをネタに、週に1回(主に土日に)更新していく予定です。「多分」なので、臨時休刊があってもご海容ください。

乗算レイヤーの何たるかを知る

お絵描き

SAIを使っていて、レイヤー合成が未だによくわからないので。

SAIのレイヤーの合成方法は以下のとおり。

  • 通常
  • 乗算
  • スクリーン
  • オーバーレイ
  • 発光
  • 陰影
  • 明暗
  • カラー2値化

ちょっといくつか実際に触ってまとめてみよう。
(複数のエントリに分けて)

通常

あまりにもよく使っているので省略。

乗算

たとえば、こんなレイヤーを用意する。
レイヤー1

上からそれぞれ、#FF0000、#00FF00、#00FFFF、#FFFFFF で文字が書かれている。
一番下はちゃんと#FFFFFFで描いてあり、透明ではないので注意。

これを、このレイヤー2の上に乗算で重ねてみる。

#FFFF00 一色で塗りつぶしている。

すると、じゃんっ。

レイヤー1の#FFFFFF はレイヤー2の#FFFF00 、
レイヤー1の#00FFFF はレイヤー2の#00FF00 と同色に見える。

要するに、合成モードを乗算に指定したレイヤーは、すぐ下のレイヤーとRGBの値を比較して、
暗い方を出力する(?)、あるいはRGB値のANDを取っている、のか。

陰をつけるのに使える、らしい。